ブログトップ | ログイン

南へ。
by spacedrive
カテゴリ
最新のコメント
>runrun0929さ..
by spacedrive at 12:16
えぇ~怖いんですけど! ..
by runrun0929 at 20:28
>kyonpuhiさん ..
by spacedrive at 17:58
>mmanomiさん ..
by spacedrive at 17:05
うわー!久しぶりのコメン..
by kyonpuhi at 15:40
ちょっ!怖いんですけどー..
by mmanomi at 15:39
>mmanomiさん ..
by spacedrive at 11:29
>kyonpuhiさん ..
by spacedrive at 11:10
>mayuco17さん ..
by spacedrive at 10:44
おはようございます☆ ..
by mmanomi at 10:40
以前の記事
検索
タグ
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

買物奇行「Dior ファミリーセール 春の陣」
この記事はブログのファンのみ閲覧できます


by spacedrive | 2007-03-25 20:20 | おしゃれ中毒
プレイメイ子
久しぶりにジムへ。
軽快な4つ打ちナンバー聞きながらランニングマシーンで汗をかいていると
突如、フレグランスのいい〜香りが。

隣のマシーンに乗り込んできたのは、20代後半くらいの女性。
へそ出し露出スタイルに化粧完璧。グロスで、お口がテカってます。
ロングヘアは、まとめることもなく、なびかせてちゃって… 

明らかに男を意識している!

運動するのに髪を下ろしている女性は、異性を意識してる確率高し。
(COSMIC WAVE 調査)なんかキョロキョロしてるし。

汗くさいオジサマが隣りよりは断然ウレシイですけど。

しかし、ドサっと置かれた荷物は、こちらのマシーンまで進出するデカさ。
ちょっと〜ちょっと〜何この大荷物。必要なの水とタオルぐらいじゃないのかい。
あーあー中身が見えちゃってるし。 どれどれ。
ブラシ… 化粧ポーチ… フレグランスのフルボトル!?(重いだろ!)… 手帳(笑)…
… クマのマスコット…  アナタ何しに来たの?
しかも下の方にもまだ何かあるみたい(笑)もう、全部ロッカーに置いてきなさいよ。

そんな彼女、慣らしもなく、いきなり猛ダッシュ!
意外にもアスリート系かっ!?…  と感心したのは7秒ほど。
ハアハア息を切らし、休んじゃってます。見た目どおりの軟弱さ。

しばし大きくうなだれてるかと思えば、
勢いよく頭を上げ、髪をワサッ〜とさせて…  まるでシャンプーのCM気取り。
はたまた歌舞伎の「連獅子」でも舞っているおつもり?

しかも両足を広げ、妙にお尻を尽きだしながら、おもむろに後を振りかえる♡

プレイメイトか?

トレーニングと言うには、あまりにセクシーすぎ。
ダッシュしては髪をワサッ〜 ダッシュしては髪をワサッ〜
彼女の露骨で不可解なアピールがつづく。
面白いけど、気が散って集中できん!

確かに綺麗だし、そのアピールは外国人には効果覿面でしょう。
しかしジャパニーズボーイには、ちと逆効果でないかい?
へんぴなジムではなく、六ヒルのHEARTLANDでも行っておくれ〜モテモテだよ。


今後も彼女に遭遇することを期待したいと思います。

f0116012_1101453.jpg


by spacedrive | 2007-03-23 13:11 | あんなコトこんなコト | Comments(6)
足クサ川柳
靴下メーカーの岡本が募集していた足クサ川柳の受賞作品が発表。
昨年9月から今年1月までの応募期間に、計7783句が寄せられ、同社社員の投票による最終審査で、受賞作品が決まったそうです。

ご存じの方もいらっしゃると思いますが、ちょっと面白かったのでいくつか御紹介。

***********************************************************

■足クサグランプリ 1名

「足の裏 嗅いで思わず イナバウア」(38歳男性)

〈事務局より〉
カラダがのけぞるほどの足クサ…。どれほどだったのでしょう。足クサの衝撃をまともに受けた様子がストレートに伝わってきました。のけぞる様子を「イナバウア」で表現して美しさも加わり、足クサ金メダル!ということで足クサグランプリに選びました。

■足クサ準グランプリ 2名

「父さんが コタツ入ると 猫が出る」(44歳男性)

「新幹線 異臭騒ぎは オレの足」(40歳男性)  ←COSMIC WAVE グランプリ

■その他の足クサ傑作集

「靴脱いで 冷めぬ恋なら 本物か」(27才女性)

「存在感 薄い亭主の 自己主張」(37才男性)

「靴試着 しゃがんだ店員 横を向く」(44才男性)

「おしゃれさん ブーツ脱いだら 洒落にならん」(29才女性)

「ぼくの靴 妻がほうきで 揃えてた」(38才男性)

「しのび足 足くさサンタに 子ら起きる」(56才女性)

「足隠す 靴脱ぎ合コン 先に言え」(32才女性)

by spacedrive | 2007-03-19 10:51 | あんなコトこんなコト | Comments(2)
おかえし
社内でチョコを4人に渡したけど…
ホワイトデーが過ぎ、お返し貰ったの1人だけ。

べつに期待してなかった。
あまりに浮き世離れしたオジサマたちだから
ホワイトデーにも気づいてないだろうし。

気づいたとしても「鳩サブレ」とかくれそうだし。

唯一、社会に適用できてる人がいて安心したけど、
お返しに貰ったのは、私がバレンタインに渡した… 同じ店の同じ商品。

まるで貸してた本でも返されたような気分。
確かにコレ美味しいから、構わないけどお…


他の会社だったら、4人とも女子社員のイジメに遭うよ。



f0116012_162993.jpg

by spacedrive | 2007-03-16 10:34 | あんなコトこんなコト | Comments(4)
気持ちいいを求めて  その3
Mさん話題を変えたかったのか、突然、

「イマヤッテル日本人チンギス・ハーン 映画観マシタカ?」と私に。

??‥‥想像力を働かせ、マイコンピューターが解析した結果
「反町隆史がチンギス・ハーン役のモンゴル歴史大作『蒼き狼 地果て海尽きるまで』は観ましたか」と言ってるに違いない。

f0116012_21103350.jpgああ皮肉にも数時間前、友人と
「何故、日本人がチンギス・ハーンやるかな〜」
「って言うか反町ってどうなの?」
などと毒づいたんだ〜(反町隆史ファンの方、いらっしゃったらゴメンなさいっ)


「観てないですね。」と答えると
「ソウ…」と少し残念そうなMさん。

自分の国のことをもっと知ってもらいたいのかな〜。
母国を離れ、日本で働くなんて大変な苦労があるに違いない。
そんな無口なMさんが頑張って話題をふったのだ。
異文化交流しなくては!
今度は私が何か話しかけなくてはっ!うーん話しかけなくてはっ!
何かないか何か、うーんモンゴルの何か…

「朝青龍の八百長問題ってどう思います?」

と頭をよぎったが、ダメダメ〜こんなゲスな内容、彼女に話してはダメ〜
あーん朝青龍が離れな〜い、何かないか何か、と出た言葉は

「朝青龍って外モンゴル?」

「ソウ…」とMさん  ‥‥‥‥‥‥以上、交流終了(笑)

ゴメンねMさん。どうぞ仕事に専念してください。

しばらくすると隣から「イタタタっ!」と悲鳴が。
どうやら足裏が始まったようですな。
バラエティ番組でタレントたちが足裏マッサージでオーバーに悲鳴を上げてますが、
友人もそんなカンジ。かなり痛いらしい。

それから友人とCさんのやり取りが始まった。
「そこ痛い!」「ココハ心臓ネ」
「そこも痛い!」「ココハ腎臓ネ」
「痛い!そこ痛い!マジ痛い!無理!」「ココハ肺ネ」
「って言うか痛いんですけどっ!力入れてないっ!?」と友人キレてきた(笑)
「力入レテナイヨ〜アナタ体ガ悪イ証拠ダヨ〜」とお構いなし。しまいには、

「アナタ腸ガ、チョー悪イネ〜」とチャイナジョークまで飛び出すしまつ。

でもどうやら腕は良さそう。
「40歳ノ女性、生理コナカッタケド、私ノマッサージデ生理キタネ」とCさん。
へえ〜スゴイ!何処をどんなふうにマッサージするのか聞いてみると

「ソレハ、ココデハ言エナイヨ〜フフ♡」  …Cさん何だかエロいぞ!

私のほうといえば、痛みはなく気持ちいいだけ。
Mさん、もしかして手を抜いてるのかあ?と疑ってる間に終了。
思わず「私どこか悪いとこないですか?」と聞いてみた。
「ベツニ…」とMさん。

うーん、どうやら私ってバカみたいに健康らしい。
それを再確認した60分でした。


ともあれ東京の片隅で頑張ってる、CさんMさん。
アナタたちにエールを送らずにはいられない。

by spacedrive | 2007-03-14 10:10 | あんなコトこんなコト | Comments(4)
気持ちいいを求めて  その2
カルテが渡され、気になる症状にチェックを付けるのですが、
別に思い当たる症状もなく、友人のカルテを覗いてみたら、
ほとんどの症状にチェックが。(友よ、大丈夫か?)

私も肩なんかこってないのに、肩こりにチェックを。
「オ前ドコモ悪クナイノニ、何シニ来タ」と思われてもなんですからね。

f0116012_17134246.jpgカーテンで仕切られたベッドに通され、
用意されたパジャマに着替えました。

自分では決して選ばないであろう‥‥ ピンクの花柄

しかも化学繊維のチープな肌触りが、
ちょいとテンション下げさせる。

でも男の人には、こうゆうのウケがいいのかも♡
な〜んて、ふと思ってみたり。




友人にはちょっと、おしゃべりな中国人の男性Cさんが担当。
私には無口なモンゴル人の女性Mさんが担当。
うつぶせになりマッサージ開始。

…き、気持ちいい〜 体がふわあ〜として何だかポカポカしてきた。
肩こりにチェックを入れてたので、そのあたりを重点的にやってくれてるみたい。
肩こってないけど充分気持ちいい… これで肩でもこっていようものなら、
あまりの気持ちよさに… 失禁だな。

隣で世間話が始まった様子。
Cさん、中国のどこどこ出身で、今は小岩のほうに住んでるなどと自分のことを
話し始めた。たどたどしい日本語だけど、まあ良くしゃべること。
しまいにはMさんのモンゴルの話まで始めた。
内モンゴルと外モンゴルがあると説明してくれるのですが…

それはアナタじゃなくてMさんが話すべきではないのかね?

話は替わり、Mさんは終電で帰るので、深夜はCさん1人になり、
二人以上で来られると対応できないらしい。  
すると友人が
「二人ともここに泊まればいいじゃん!ベッドもあるんだし」と適当発言。

するとCさん
「マズイヨ〜マズイヨ〜夫婦ジャナイノニ、ソレハマズイヨ〜」
「ヤッパリ〜ソウユウノ〜ヨクナイデショ〜、モウ〜 フフッ♡」

と予想外の過剰反応(笑)それに何だか嬉しそう〜って言うかヤッパリって何だ?
Cさんカワイイなあと思いながら、Mさんをチラリ

… キング・オブ・苦笑い

あちゃ〜 嫌そう(笑)


                                    つづく

by spacedrive | 2007-03-11 23:34 | あんなコトこんなコト | Comments(2)
気持ちいいを求めて  その1
「気持ちいいことしたくなーい?」の提案で友人とホットペッパー検索開始。
遅い時間でも営業してる所となると限られてきますな。
より、お得な場所を探してたら… ありましたよ、整体+足裏60分コース 3000円!
「ここでしょ!」とさっそく友人が電話予約。
片言の日本語でスムーズに話がすすまない様子… どうやら外国人… 大丈夫かあ。

これからやってもらえると言うことで、いざ日本橋へ。
オフィス街なので夜は人気がなく何だか寂しい街です。
しばらく歩くと… ありましたよ、

築45年は経ってるであろうボロビルが…

こ、これは怪しい。
「ええっ〜どうする!??」と私たち。
1人じゃ入れない、いや絶対に入りたくない雰囲気。しばし困惑。

スパやバリ風リゾートのイメージは既に玉砕しましたが、
ここまで来たのだからと意を決してエレベータへ。


f0116012_21131439.jpgボタンの所に『閉ボタンを長押し3秒』の張り紙が。
しかし指示どおりにしてもドアが閉まらない。反応があるまで押し続けたら10秒後にやっと閉まった。
… ボ、ボロイ。3秒じゃないし…
6階に着くと「ガシャンッ」と大きな音と共に、大きな揺れが脳を揺らします… うーん。

そして異国情緒たっぷりの怪しすぎる入り口がお出迎え… こ、これは…ヤバイ。不安が襲う。
一瞬、良からぬ想像が頭をよぎる…

「う、売り飛ばされる!?」「海外に売り飛ばされる!?」


冷静になれば、まあ‥そんなことはない。(今思うと、とても失礼でした。)
若くもない私たち… 売られるはずもない。

扉を開けると、片言の日本語を話す、人良さそうな若い男女二人が。

あまりキレイではない室内を見渡すとアジアの置物などがたくさん飾られていた。
物珍しいので順繰りと鑑賞していたら、

「ん?」「あれ何だ?」  ‥‥‥‥ハクサ‥イ? 

ガラス製か陶器製なのか分かりませんが本物と同じくらいの大きさ。
まさに鍋で大活躍のあの白菜。 ‥‥何故。

うーん… 何か風水的な意味でもあるのでしょうかね。
それにしてもインテリア的に、いかがなものかと…。

f0116012_16335259.jpg

男性が何やら説明し始めた。
ホットペッパーによるコース3000円が3500円になるらしく、
理由を一生懸命説明してくれるのですが、なにせ何を言っているか分かりずらい。

面倒くさくなった私たちは「じゃ3500円でいいです。」と了承… 何だかなあ(笑)



                                    つづく

by spacedrive | 2007-03-08 12:28 | あんなコトこんなコト | Comments(2)
ドリームガールズ
f0116012_16252297.jpg

現在、公開中の映画『ドリームガールズ』を鑑賞。
トニー賞13部門にノミネート、6部門受賞という快挙を成し遂げたブロードウェイ・ミュージカル「ドリームガールズ」。60〜70年代を舞台に3人の女性によるコーラス・グループ(シュープリームスがモデルらしいです…)の栄光と挫折、そして再生を描いた物語が、ついに映画化。

***********************************************************

たいした内容でもないのに、感動してるつもりもないのに…
だけど勝手に涙が出てきます。 そう…歌に音楽にやられてしまいました。
足も勝手に動くんですよ(笑)隣の人は迷惑だったかなあ〜

黒人が作ったR&Bの曲を無断で白人がパクり、ソフト路線で売り出すような時代。
売れるために黒人よりも白人受けするように、R&Bグループからポップスグループへと変身させられ、アメリカを代表するスターにまで上りつめる… 何だか皮肉でしたね。

なにせ全員歌が上手い!ジェニファー・ハドソンは歌うシーンも多く、噂どおりの魂歌に心打たれます。撮影の為に10kg痩せたビヨンセがこんなにもキレイだとは思わなかったですね〜(ダイナマイトイメージが強かったので)役的に押さえ気味の歌姫も
後半には本領発揮でかなり聴かせてくれました。
そしてなにより素晴らしかったのがエンターティナー、エディー・マーフィ様。
誰より音楽の楽しさを全身で表現したアナタのステージはサイコーです!
けれど時代の波に洗い流されてしまって、あんな結末に… 切なくなりました。
ちなみにジェームス・ブラウンをイメージした役だそうです。

今回のエディー様は、もっと評価されてもいいと思います。アカデミー賞が評価しないのでCOSMIC WAVEから「熱い歌と演技にくらくらするで賞」を!

最近、縁遠くなっていた熱〜いR&B、身震いするようなSoulが聴きたくなりました♪

by spacedrive | 2007-03-05 09:55 | 映画三昧 | Comments(0)