ブログトップ | ログイン

南へ。
by spacedrive
カテゴリ
最新のコメント
>runrun0929さ..
by spacedrive at 12:16
えぇ~怖いんですけど! ..
by runrun0929 at 20:28
>kyonpuhiさん ..
by spacedrive at 17:58
>mmanomiさん ..
by spacedrive at 17:05
うわー!久しぶりのコメン..
by kyonpuhi at 15:40
ちょっ!怖いんですけどー..
by mmanomi at 15:39
>mmanomiさん ..
by spacedrive at 11:29
>kyonpuhiさん ..
by spacedrive at 11:10
>mayuco17さん ..
by spacedrive at 10:44
おはようございます☆ ..
by mmanomi at 10:40
以前の記事
検索
タグ
ブログジャンル
画像一覧
スカイ・クロラ
f0116012_15355784.jpg



森博嗣原作、押井守監督の『スカイ・クロラ』をDVD鑑賞いたしました。

空のCG映像が、なんとも美しい作品。
うーむ、CG技術もここまできているのね。
パイロット目線のオープニングは、まるで雲の中を泳いでいるかのようですわ。

セリフも少なく、詩的な印象であります。
激しいはずの空戦シーンも、どこか儚く感じます。



戦争が無くては平和を実感できず、ましてや維持することなどできない。


平和な世界で繰り広げられる、ショーとしての戦争。
空で戦い死んでいく様が常に報道され、人々が今ある平和を実感するシステム。
その為に造られた歳をとらない若者たち…

もの悲しい設定であります。

何の疑問を抱くことなく定めに従うパイロットたちは、“熱”のない現代の若者と重ねているようです。
ならば、絶対的な存在で君臨する「ティーチャー」は、大人の代表と言ったところでしょうか。

歪な平和に浸かりながら、思考を止めて生きる…  
マトリックスの人間電池もそうですわね

 
繰り返される定めに苦悩しながらも、生きることで変えようとする者。
敵わぬ存在に立ち向かうことで変えようとする者。

悲しい結果となりましたが、“熱”を持ち始めた主人公たちに希望を感じます。


見終わった後も、空の美しさが切なく残るであります。
※エンドロール後も映像がございますよ。         




                       

by spacedrive | 2009-03-26 01:08 | 映画三昧
<< 久々、新宿の夜 MacBook >>